岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

ホーム > たきざわライフガイド > 届出・手続き > 国民健康保険 > 国民健康保険の給付 > 出産育児一時金

毎週水曜日(祝日は除く)に限り、国民健康保険の窓口を19時まで延長しています。

出産育児一時金

出産育児一時金とは

国保に加入している方が出産したとき(妊娠85日以上の死産、流産も含む)は、出産育児一時金が支給されます。

 

支給額

1児につき42万円

ただし、産科医療補償制度※に加入していない医療機関等での出産、加入医療機関等であっても在胎週数22週未満での出産については40万4千円になります。
※産科医療補償制度とは
出産に関する事故で赤ちゃんが重度の脳性麻痺となった場合に、医師の過失の有無に関わりなく補償を行なう制度で、岩手県内のすべての分娩機関が加入しています。さらに詳しくお知りになりたい場合は、財団法人日本医療機能評価機構のホームページをご覧ください。


直接支払制度

出産前に医療機関等が世帯主の方と出産育児一時金の支給申請及び受領の代理契約を結び、出産後に42万円を上限として医療機関等が出産育児一時金を受け取る制度です。

この制度を利用する場合、医療機関と出産育児一時金の支給申請及び受領の代理契約を結んだ「合意文書」を交わす必要があります。

出産費用が42万円を超えた場合、出産育児一時金の全額を医療機関が受け取るため、被保険者には支給されません。

出産後、保険年金課の窓口に次の書類を提出してください。

  1. 直接支払制度の「合意文書」
  2. 「産科医療補償制度加入機関」のスタンプが押された領収明細書や出産費用内訳明細書

 

市役所の窓口で支給申請する場合

直接支払制度を利用しなかった場合や、直接支払制度を利用したものの出産費用が42万円未満だった場合は、市役所の窓口で申請することになります。

保険年金課の窓口で支給申請する場合に必要なもの(※申請の前に出生届を提出している必要があります。)

  1. 印鑑
  2. 保険証
  3. 母子手帳
  4. 世帯主の口座がわかるもの
  5. 直接支払制度の「合意文書」
  6. 「産科医療補償制度加入機関」のスタンプが押された「領収明細書」や「出産費用内訳明細書」など
  7. 死産、流産の場合は医師の証明書など 
  8. 委任状(別世帯の方が届出するとき)

以前加入していた健康保険から出産育児一時金が支給される場合、国保からの支給は受けられません

職場の健康保険を脱退して国保に加入した方が、国保の資格取得日から6か月以内に出産した場合は、前の健康保険から出産育児一時金が支給されますので、国保からの支給はありません。(職場の健康保険への加入期間が1年未満の方、被扶養者であった方は除きます。)

該当する方は、以前のお勤め先か以前加入していた健康保険へお問い合せください。

(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市役所 健康福祉部
保険年金課 (国民健康保険担当)

電話019-656-6528
ファックス019-684-2245
メールメールはこちらのページから

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について