岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

新生児聴覚検査費用の助成について

~新生児聴覚検査について~

 赤ちゃんの聞こえに異常がないかどうかを見る検査です。耳の聞こえに異常が見つかった場合でも、早期(生後6カ月まで)に適切な対応を開始することで、ことばの発達やコミュニケーションの形成に大きな効果が得られると言われています。


≪助成対象者≫

新生児の保護者であって、検査日に滝沢市に住民登録のある方

 

≪助成対象となる検査≫

生まれた日から2か月を経過するまでに受けた、いずれかの検査が対象となります。

(1)自動聴性脳幹反応検査(AABR)

(2)耳音響放射検査(OAE)

(3)聴性脳幹反応検査(ABR)


≪助成回数及び助成金額≫

(1)新生児1人につき1回で初回検査に限ります。

(2)初回検査費用に対し、3,000円を上限として助成します。

※検査費用が3,000円に満たない場合はその金額を助成します。

※検査費用が3,000円を上回る場合は、その差額は自己負担となりますので、差額を検査実施医療機関へお支払いください。

   

≪新生児聴覚検査受診票の交付≫

 滝沢市が交付した「新生児聴覚検査受診票」を、検査する医療機関(出産する病院等)へ提出いただくことで、助成が受けられます。

 里帰りなどで、県外で受診をご希望の場合は、滝沢市が交付した「新生児聴覚検査受診票」で受診できる医療機関であるかを確認していただくことになりますので、医療機関が決定しましたら、事前に健康推進課までご連絡ください。

(注意)受診時に滝沢市以外に転出している場合は助成の対象にはなりませんので、滝沢市が交付した受診票は使用できません。


≪県外の医療機関で受診票が使用できない場合≫

県外の医療機関で受診票が使用できない場合は、一旦、検査費用を自己負担していただき、出産後、申請により検査費用を助成(償還払い)します。

○手続きに必要なもの

 ・新生児聴覚検査費助成申請書 (86KB; PDFファイル)

 ・印鑑

 ・母子健康手帳(聴覚検査の受診日、方法、結果が記載されている箇所の写し

 ・医療機関が発行した聴覚検査に係る領収書及び明細書(原本をお持ちください。必要に応じてコピーします。)

 ・使用していない受診票

○申請期限

 出産後1年間(お子様の1歳の誕生日の前日まで)



≪申請・問い合わせ先≫

滝沢市健康福祉部健康推進課母子保健担当 電話019-656-6526

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで(祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について