岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

滝沢市の指定文化財~国指定名勝 鞍掛山

  宮沢賢治の作品の源泉となった本市の鞍掛山を含む岩手県内6カ所の自然景観が「イーハトーブの風景地 」として、景観の重要文化財にあたる国指定名勝に指定されました。 

  鞍掛山は岩手山の南西に位置し、馬の背に乗せた鞍のような形状をした標高897mの山です。賢治は、その立地と形状から岩手山に先行して形成された成層火山の山体の一部が残存したものと指摘しています。
  また、彼は鞍掛山とその麓の「おきな草」が咲く草地を愛したとされ、「白い鳥」など複数の散文詩に「鞍掛山」の風景を詠んでいます。「鞍掛山」に関する宮沢賢治作品を挙げてみると、「くらかけの雪」、「小岩井農場パート1」「小岩井農場」下書、「滝沢野」、「白い鳥」、「一本木野」、「国立公園候補地に関する意見」、「くらかけ山の雪」、「春谷暁山」下書、「つめたい風はそれで吹き」などがあり、鞍掛山は賢治のなかでは有名な山々と同列あるいはそれ以上の意味があり、賢治作品のなかで「鞍掛山」は重要な価値があるといえます。

  近代文学の舞台が名勝になるのも、離れた地域を「一群」で名勝指定するのも今回が初めてです。賢治が暮らし、作品に描いた素朴な風景が、これからは文化財として保存されます。


 

※「イーハトーブの風景地」は、鞍掛山(滝沢村)、七つ森(雫石町)、狼森(同)、釜淵の滝(花巻市)、五輪峠(東和町)、種山ヶ原(江刺市・住田町)の6ヶ所で構成されています。

  • 所在地
    滝沢市市有林22林班及び23林班の一部
  • 指定範囲
  • 所有者
    滝沢市
  • 指定年月日
    平成17年3月2日
  • 個別保存管理計画(762KB; MS-Wordファイル)
鞍掛山の写真

鞍掛山(岩手山手前)
詩碑の写真

詩碑(相の沢キャンプ場内)


(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市教育委員会
生涯学習スポーツ課

電話019-656-6588
                 019-656-6589
ファックス019-684-4990
メールメールはこちらのページから


↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで(祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について