岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

ホーム > たきざわ行政情報 > 情報発信 > 市長のページ > 市長発言 > 「人口日本一の村」から笑顔と絆で「住民自治日本一の市」を目指して(平成24年04月)

「人口日本一の村」から笑顔と絆で「住民自治日本一の市」を目指して(平成24年04月)

平成23年3月11日、東日本大震災が発生し、岩手県内のみならず東日本を中心に甚大な被害を受けました。被災された皆さんに心よりお見舞い申し上げますとともに、災害でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

現在、滝沢村は「がんばろう!いわて~災害に強い安全安心なまちづくりと復興支援」を合言葉に、災害に強い安全安心なまちづくりの推進と県内沿岸地区の復興再生支援に取り組んでおります。また、地域の皆さんによるボランティア活動なども行われており、感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、滝沢村は平成26年1月、市制移行を目指しており、市制フォーラムや各自治会ごとの「村政懇談会」「村長とのお気軽トーク」など対話集会を重ね協力と理解を求めてきました。市制移行は、地域の皆さんと行政の意識変革の大きなチャンスでもあります。確かに、村から市になることで、行政機能は向上し、企業誘致なども進むかもしれません。しかし、わたしたちが目指す市はそれだけではありません。地域の皆さんと行政が協力して、『このようなまちにしたい』との目標の実現に向け、まちづくり活動と地域の活性化に取り組んで市を目指すことが重要です。今まで培ってきた滝沢の良さや伝統、絆を次世代を担う子どもたちや若者たちに継承し、彼らがここで就職し、家庭を持ち、未来の滝沢を担っていけることを目指しています。その取り組みが『まちづくり』であり、一つひとつの積み上げにより、滝沢は『人口日本一の村』から笑顔と絆で『住民自治日本一の市』になることができます。

そのためにも、希望の持てる産業振興と雇用の拡大、心豊かな教育と文化スポーツ振興、安心できる医療・福祉・子育ての充実、人にやさしい生活基盤・道路・交通網の整備、環境にやさしく安全安心なまちづくり活動の充実、地域の皆さんが豊かさを実感できる行政運営に取り組みます。

そして、いつまでも子どもたちの元気な姿と声がこだまし、情熱あふれる清々しい若者たちの頑張りと、それを支え見守る壮年、経験豊かな高齢者の皆さんなど、子どもから高齢者まで幅広い世代の皆さんが一緒になって希望に満ち溢れ、活力あるまちをみんなで力を合わせて目指しましょう。

平成24年4月

滝沢村長柳村典秀

 

 

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について