岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

平成21年度村政提言等処理内容(4月分受付処理分)

●平成21年度の滝沢村役場の職員人事に不満があります。滝沢村の行政能力がないので一日も早く盛岡市と合併してください。(声の箱に投書/記名)

回答

○総務課からの回答
職員は全体の奉仕者であることを十分自覚した上で、住民本位の行政の推進に努め、倫理観と使命感を持って、服務規律に期することが求められています。このたびの内容はご意見として承りました。

○経営企画課からの回答
市町村合併は、将来にわたって本村の地域振興、また、住民生活に様々な影響が考えられます。このことから、市町村合併を行うかどうかの判断は、村民の皆さまの市町村合併に関する思いを第一と考えて、これまで平成14年度、19年度と合併に関するアンケート調査を行っています。
アンケート結果では、2回とも「合併をする必要がない」「どちらかといえば、合併をする必要はない」を合わせた答えが、過半数を超えています。
この結果から、当面は合併をせずに、盛岡地区広域市町村、岩手県と連携を図りながら、単独の自治体として運営を続けていきます。


●職員の対応に気になることがありました。(ホームページに投書/記名)

回答

はじめに窓口でご不快な思いをされたことについてお詫びします。
皆さまそれぞれにご事情があることは十分承知していますが、どこからを「保育に欠ける状態」と判断するかについては一定の基準によって判断せざるを得ず、ご理解を頂きたいと思います。繰り返しの説明となるかもしれませんが、次の通りの保育所入所基準としていますので参考までにお知らせします。
なお、ご不明な点等ございましたら、子育て支援課までお問い合わせ下さい。

<保育所の入所基準>
保育所に入所できる児童は、その家庭が次のいずれかの事情にある場合です。しかし次の(1)~(5)までの場合は、その家庭の保護者以外の人が児童の保育ができる場合は除かれます。
(1)保護者が家庭の外で仕事をしている場合
(2)保護者が家庭内で児童と離れて日常の家事以外の仕事をしている場合
((1)、(2)とも概ね1日4時間以上かつ月15日以上の就労が必要です)
(3)母親が産前、産後各8週以内の期間(父親が就労している場合に限る)
(4)保護者が疾病若しくは負傷し、又は精神若しくは身体に障がいを有している場合
(5)保護者が長期にわたり疾病の状態にある親族、又は精神若しくは身体に障がいを有する親族を常時介護している場合
(6)震災、風水害、火災その他の災害の復旧にあたっている場合
(7)村長が認める前各号に類する状態にある場合

※保育の入所基準に該当しなくなった場合は、期間の中途でも退所となります。
(保護者や同居者の退職、又は未就労等の方の転入等により、世帯全体をみたとき保育に欠けない状態となった場合)

(子育て支援課)



(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市役所 企画総務部
企画政策課

電話019-656-6561
                 019-656-6562
ファックス019-684-1517
メールメールはこちらのページから

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について