岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

平成23年度村政提言等処理内容(平成24年3月分受付分)

●ある課の職員対応に不満がありました。(声の箱/記名)

回答

職員の対応で、不快な思いをされたことにつきまして、深くおわび申し上げます。今後においても、窓口来訪者には迅速に対応するとともに、職員一人ひとりが分かりやすく思いやりのある接遇を心がけるよう指導していきます。(人事課・健康福祉部)

 

●滝沢村が市になるメリットについて教えてください。(声の箱/匿名)

回答

滝沢村が市になるメリットは、権限移譲と財政支援が強化されることで行政サービスとまちづくり活動が向上することです。かつて人口日本一の村であり、平成14年に市になった沖縄県豊見城村は、財政規模は村のときは約170億円でしたが今は約210億円となり、人口規模の伸びも滝沢村よりも大きくなっています。そのようなことから市になることで都市的なイメージアップにより企業誘致が進み、雇用先の確保も促進され、若い人たちが定住し、活力ある自治体となると考えています。自治体として大きな危機感を持っているのがやはり高齢化問題ですし、国からの地方交付税も村のままであれば減っていくことが予想されています。そこで、市になることで村にはない国からの財政支援を得て、都市的イメージを向上することで企業誘致を進め、雇用先の確保を図り、若者たちがたくさん定住することで自治体として高齢化の危機を乗り切ることができると考えています。全国的にも町村から市になった自治体は、権限移譲と財政支援の強化を得ながら、経済振興と若者定住を成し遂げ、自治体としての発展をしています。 (市制準備室)

 

●防災行政無線が聞き取れませんので対応願います。(声の箱/匿名)

回答

火災発生時には、消防署にてマニュアルに基づき消防団の出動分団に対する指令とともに、火災情報について2回の防災行政無線設備の操作をしています。3月9日の放送の際は、放送が途切れたり、聞き取れないとのご指摘が寄せらたところであり、ご迷惑をおかけしました。定期的に設備点検は実施していますが、マイク設備の不具合により発生したものと判明しましたことから、修理を行いました。なお、今後は明確に放送ができるように務めます。(防災防犯課)

 


 


(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市役所 企画総務部
企画政策課

電話019-656-6561
                 019-656-6562
ファックス019-684-1517
メールメールはこちらのページから

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について