岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

第8回滝沢市総合計画審議会会議録

日時

平成27年6月3日(水)午前10時00分から午前11時30分

場所

滝沢市役所4階中会議室

出席者

※敬称略
[公募委員] 加藤 勝美
[公募委員] 藤原 粒子
[公募委員] 佐々 久幸
[岩手大学 副学長] 丸山 仁
[岩手県立大学総合政策学部 教授] 田島 平伸
[岩手看護短期大学 教授]相馬 一二三
[盛岡大学 文学部 教授] 大石 泰夫
[株式会社テレビ岩手アナウンサー] 高橋 美佳
[社会福祉法人やまゆり会 理事] 松本 松子
[朗読ボランティアサークルこだま 代表] 佐藤 泰美
[滝沢市自治会連合会 会長] 下田 富幸
[滝沢市商工会女性部 部長] 上野 美智子
[滝沢市老人クラブ連合会会長] 川端 洋
[滝沢市社会福祉協議会 会長] 佐藤 光保
[滝沢市保育協会 理事長] 小山 尚元
[滝沢市体育協会 理事] 米澤 俊英
[滝沢市商工会 会長] 阿部 正喜
[新岩手農業協同組合 理事] 三上 栄
[岩手西北医師会 副会長] 栃内 秀彦
[滝沢市シルバー人材センター 理事長] 齊藤 裕夫
[滝沢市教育委員会 委員長] 佐藤 恭孝
[滝沢市農業委員会 会長] 齊藤 實

≪欠席委員≫
[公募委員] 菅原 礼子
[滝沢市観光協会 会長] 藤倉 喜久治
[盛岡広域振興局長] 杉原 永康

≪滝沢市役所≫
[滝沢市長] 柳村 典秀
[副市長]佐野峯 茂
[企画総務部長] 加賀谷 建
[企画政策課長] 熊谷 和久
[企画政策課 総括主査] 杉村 英久
[企画政策課 主査] 和川 早苗
[企画政策課 主査] 福井 聡
[企画政策課 主事] 枝並 美沙紀

内容

  • 会議の成立及び開会
  • 委嘱状交付
  • 挨拶
  • 議事

会議の成立及び開会

・(司会)事務局
皆さまおはようございます。本日はお忙しい中、ご出席いただきありがとうございます。ただいまから第8回滝沢市総合計画審議会を開催いたします。
本日の出席委員は25人中22人であり、過半数を満たしておりますので、滝沢市総合計画審議会条例第5条第2項の規定により、会議が成立することをご報告いたします。
審議に入る前に、本年度、新たにお二人が滝沢市総合計画審議会委員に就任されましたので、委嘱状の交付をさせていただきます。お名前をお呼びしますので、恐れ入りますが、前の方にお願いいたします。なお、盛岡振興局長 浅沼康揮様については、本日欠席となっております。

委嘱状交付

市長より委員へ委嘱状交付

挨拶

・(司会)事務局
続きまして、審議会の開会にあたり、滝沢市長柳村典秀より一言ご挨拶を申し上げます。

・(挨拶)市長
 皆さまおはようございます。皆さま方にはお忙しいところお集まりいただきありがとうございます。おかげさまをもちまして、お手元に配布しております第一次滝沢市総合計画が完成いたしました。中にはカラーで写真なども掲載しており、部数はあまり多く発行することができませんでしたが皆さまにも大いに活用していただき、また公共施設などに配布して市民の皆さまにも見ていただくよう考えております。また資料編等も多く掲載しておりましたので、今後活用していただき、何かあった時には見ていただければ滝沢の全体が網羅できるのではないかと思っております。
 また本日これから、滝沢地域社会アンケートの調査結果についてご報告させていただきますが、この調査は第5次総合計画の最終年度としての位置づけでの調査となります。この結果を踏まえて新しい総合計画に移行していくということになります。
もう一点、まち・ひと・しごと創生総合戦略の基本方針についても本日ご説明いたします。この総合戦略については、今年10月までの策定が国から求められております。今後の交付税・補助等についても優先的に進められます。
 昨日総務省から内示が出されました、連携中枢拠点都市構想の盛岡広域連携の在り方で、滝沢市の提案しておりました交通政策に関する調査が採択されました。これも総合戦略の一部に盛り込むための一つの調査としてとらえております。学園都市としての位置づけを担うための人の動きという点での調査を進め、盛岡との連携を強化していくうえでの交通戦略を策定してまいります。今後の総合戦略の策定に関しても総合計画審議会の一つの部門として、皆さまに審議等を行っていただき、また本日部会の設置等していただきたいと考えておりましたので、どうぞよろしくお願いいたします。

・(司会)事務局

(出席者紹介)
 ここで本日の日程についてご説明いたします。議事1といたしまして第1次滝沢市総合計画についてでございます。お席に総合計画の冊子とパンフレットを配布しておりますので、ご確認ください。
 議事の2番目と致しまして、平成26年度滝沢地域社会に関するアンケート調査結果について、議事の3番目と致しまして滝沢市まち・ひと・しごと創生総合戦略の基本方針についてでございます。
 本日の全体会議の終了時刻は11時30分を予定しております。時間の許す限り活発な議論をお願いいたしたいと思います。
それでは田島会長、議事進行をお願いいたします。

議事

・(進行)会長
 おはようございます。また新たな課題がでてまいりました。これから何回か集中審議となります。よろしくお願いいたします。それでは早速議事の進行に入りたいと思います。第1議案の第一次滝沢市総合計画についての説明を事務局に求めます。

○事務局より説明

・(進行)会長
 ありがとうございました。
何かご意見、ご質問がありましたらお願いします。

特にないようなので、次の議案に入りたいと思います。
それでは次の議案に入りたいと思います。皆さまのお手元に「平成26年度滝沢地域社会に関するアンケート調査報告書」という冊子が配布されておりますが、これにつきまして事務局より説明をいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

○事務局より説明

・(進行・質問)会長
 ありがとうございました。
 総合計画についての認知度は上がったのですか。

・(回答)事務局
 総合計画の認知度についての質問は、第5次滝沢市総合計画では質問項目として入っておりません。新しい総合計画においては質問事項として考えておりますが、今回の地域社会アンケートについては質問事項に入っておりませんでした。この部分については今年度秋の新しいアンケートを実施する予定がございます。数値についても今年度中には皆さま方にご報告できるかと考えております。よろしくお願いいたします。


・(進行)会長
 それでは、説明に対するご質問、ご意見等ありましたらお願いいたします。


・(質問)委員
 いわゆる10年間の調査ということですが、10年前からの比較では平成21・22年度は数値が上がっていて、昨年の結果は10年前とあまり変わっていないという項目が目立つように感じます。全体の基本計画の前期の部分では満足度の数値が上がって、後期では失速したというように感じられるのですが、この点についてはどのようにお考えでしょうか。


・(回答)事務局
ありがとうございます。その通り数値は正直なもので、取組の成果というものが多分に反映されている部分もあります。今回、内部での振り返りで数値の分析をしている部分につきましては、10年間の基本計画の目指そう値の部分についての分析を進めているところでございます。併せまして後期基本計画、政策・施策の展開につきましては平成22年度からの後期基本計画について、庁内で分析を進めております。ご指摘いただきました点も含めまして、今後も分析を進めてまいります。


・(回答)事務局
 傾向の話でありますが、市の取組に加えまして、社会的な環境変化というものが非常に大きなものだと思っております。平成17年度から前期5年間の部分と後期5年間についてでございますが、後期5年間につきましては、サブプライムローン問題等から発生する経済の失速というものが大きな影響を与えてきた年でございます。そういった傾向から、不満足といった結果が出てきたものと考えられ、社会環境などが大きく影響をしているものと考えております。今後、環境分析も踏まえて第5次滝沢市総合計画の評価を進めてまいりたいと考えております。


・(質問)委員
 滝沢市の地場産品をよく買っていますか、あるいは市内で生産された農産物を売り買いしやすいと思いますかという項目がいずれもポイントが伸びているということですが、後程議題となります地方創生とも大きく関わっているものだと思いますので、詳しくお聞きしたいと思います。1つはこの要因として地産地消の機運の高まりを受けてとの簡単な分析がありますが、より詳細な分析がなされているかと思いますので、特に市の政策・取組との関係、市がこのような取組を行ってこのような結果を得たというような、取組によって得られた結果がないかお聞きしたいです。このデータそのものが主観的な評価のデータであることから、客観的、経済的なデータで裏付けが取れているか、また、どういったものが実際に売れるようになったのかということについてもお聞きしたい。


・(回答)事務局
 ありがとうございます。地場産品をよく買っていますかという質問に関しましては、主観的な部分が大きく関わっているというのはその通りであると思っております。ただ、市といたしまして当時の村が平成17年度から農産物、いわゆる生産者の顔の見える特産物を作りましょうといった取組を進めてきたことも事実です。産直を作る、地産地消を進めるなど市の取組を進めてまいりました。
加えまして産地偽装問題などから食の安全が注目され、地産地消がクローズアップされてきた背景もございます。そのような複合的な要因から、数値が向上してきたのではないかと考えております。
実際に何を多く買っているのかということにつきましては、このアンケート調査では分析を行っておりませんでしたので、担当の農林サイドとも今後話をしながら、どのような傾向があるのか、またどういったものが売れているのかということにつきましても、まち・ひと・しごと創生関係の国の取組に従いながら市としても取組を行う予定であります。そういったことを踏まえながら、どういったものが売れるのか、売れないのかということにつきましては、今後資料にしていきたいと考えております。


・(回答)会長
 これだけ数値が向上していると、市側としては何か大きく向上した感覚や実感があるのではないですか。


・(回答)事務局
 感覚のお話といたしますと、スイカについては、市長を中心に第5次滝沢市総合計画でかなりPRを行ってまいりました。その結果、価格の面でもかなり良い価格で取引をさせていただいております。そういった面では顕著な例ではないかと思っております。また特産品のクイックスイートにつきましても、焼酎化・ブランド化ということから生産量についても増加している状況ではございます。


・(進行)会長
 他に何かご質問・意見がありましたらお願いいたします。
 ないようですので、次に議事3滝沢市まち・ひと・しごと創生総合戦略の基本方針について事務局から説明をお願いします。


○事務局より説明

・(進行)会長
 ありがとうございました。只今の説明について何かご質問・ご意見等ございましたらお願いいたします。


・(質問)委員
 推進委員会を設置して審査を行うということは分かりました。様々な提案をいただいたものの審査を部会でも行うとありますが、地域連携推進本部会が6月と8月に予定されており、これはスケジュールに示されている部会の中で審査を行うのか、それとも地域連携推進本部とは別に審議会を開くものか、審議はどのようになるでしょうか。


・(回答)事務局
 ある程度、提案されている事項については選定を行ったうえで、提案を部会にお諮りしたいと考えております。すべての提案事項について審議いただくということではありませんので、ある程度提案をまとめたものについてご審議いただくということになります。予定スケジュールの枠内で審議を行っていただくように考えております。


・(質問)委員
 2ページの提案対象者についての説明で、個人は除くものとするとあります。この理由について教えていただきたい。団体で提案を行わなければならないということだが、団体が提案、意見を了承しなければ提案を出すことができないということになるが、この点についてどのように考えていらっしゃるのでしょうか。
 加えて(1)の地方自治法施行令第167条の4第1項に該当するものの提案は受理しないとあるが、これは具体的にはどのようなもののことを表しているのでしょうか。


・(回答)事務局
 一つ目の質問について、今回事業の展開に当たって国からの交付金等も活用することになりますが、提案者の方に一定の事業費の負担が発生することが考えられます。市の負担と提案者の負担の割合については、事業内容に応じて異なるとは思いますが、そのような費用負担の関係から今回は提案対象者から個人を除くとしたところでございます。団体に所属しているが、団体から承認が得られないという場合には個別にご相談をしていただければと考えております。
 (1)の地方自治法施行令第167条の4第1項に関しましては、具体的には犯罪であったり、反社会的な行動等で犯罪歴がある等などあげられます。一般的に業者を募集する際等にはよく使われる文言です。資料がなく、詳しい内容についてご説明できず申し訳ありません。
 ≪訂正≫
質疑のあった地方自治法施行令第167条の4については、下記の内容となります。
第167条の4 普通地方公共団体は、特別の理由がある場合を除くほか、一般競争入札に当該入札に係る契約を締結する能力を有しない者及び破産者で復権を得ない者を参加させることができない。


・(質問)会長
 自治会などの団体で提案を行う際、その団体で取りまとめを行う必要はありますか。


・(回答)事務局
 今回の提案制度に関しましては、共同事業ということを念頭に置いております。多様なご意見をいただくことはもちろんですが、実現するかしないかということが今回のまち・ひと・しごと創生に関しましては大きく関わってくるところでございます。行政に、このようにしてほしい、あのようにしてほしいというご意見をいただきましても、財政上実現が困難という場合もございます。そういった中で、私たちが考えておりますのは、滝沢の資源・資産を活かしてともに事業を行うことができる相手方として、この事業規模では個人では無理があると判断し、対象を団体、企業を中心とした提案とさせていただきました。
例えば自治会などから提案をして共同で事業を行うといった場合においては、自治会という一つの団体として担保が保障されるという点で問題はありませんが、個人の方から提案をいただいた場合、費用負担の問題で、費用を負担しきれるのか、あるいは提案内容が民意を反映しているのか等様々な問題が生じますことから、今回は国の示すところの産学官金労間言の団体にターゲットを絞って候補を提案するものでございます。
ただし、これは個人の提案は聞かないということではなく、個人に関しましてはフォーラムを開催させていただき、その際に今回のまち・ひと・しごと創生に関するご意見等をお伺いしたいと考えております。そのような形で、意見の集約を行っていきたいと考えております。


・(意見)委員
 先程のお話や、資料を見ると行き着く先というのは大体決まってしまうのではないかと感じております。当然提案者には、出資する経費を見込んでの話となりますし、提案し出資する側の企業や提案者の見返りを含んだ提案内容となると、やり取りする相手先というのはある程度決まってくるのではないでしょうか。率直に言えばある程度方向性は決まってしまうのではないかと考えております。


・(進行)会長
 私も、財政負担が出てきてしまいますとある程度決まってしまうのではないかと思います。
 趣旨は大体ご理解いただけたかと思いますが、滝沢市まち・ひと・しごと創生地域連携推進部会を設置することが提案されております。滝沢市総合計画審議会条例第2条3項により、総合計画上必要と認める事項につきましては部会設置が可能となっております。また同条6条の但し書きに基づき設置できることとなっております。また、以前にも市の名称を決める際にも設置をしておりました。このことから事務局から提案のありました滝沢市まち・ひと・しごと創生地域連携推進部会の設置についてお諮りしたいと思いますが、設置することとしてよろしいでしょうか。

(異議なし)


・(進行)会長
 それでは異議なしということでよろしいですか。それでは部会を設置することを決定いたします。また滝沢市まち・ひと・しごと創生地域連携推進部会という仮称が長いことから、地域連携推進部会と名称を改めてはいかがかと思います。その他については事務局提案通り進めさせていただきたいと思います。


○事務局より設置要綱について説明

・(進行)会長
 それではいったん総合計画審議会を閉じさせていただきます。


・(司会)事務局
 それでは以上をもちまして第8回滝沢市総合計画審議会を閉会いたします。続きまして、第1回滝沢市まち・ひと・しごと創生地域連携推進部会を開催いたします。


・(挨拶)市長
 開催に当たりまして、一言お話ししたいと思います。先ほど申し上げましたように、全国一斉に各自治体が10月までに総合戦略の策定を行うこととなっております。滝沢市の策定の仕方につきましては、総合計画が策定されたばかりで、多くの方々に関わっていただいたことからもこれをそのまま総合戦略だとすることもできます。しかし、それでは芸がない、滝沢は滝沢らしい総合戦略としたいと考えております。そういった意味で、多くの団体から提案をいただきたいということ、フォーラムも開きながら多くの意見をいただく、そういう中で総合戦略というものを実のあるものにしていきたい、また滝沢としての特徴あるものにしていきたいと考えております。このことから今回皆さま方にお願いをして部会を設置していただき、審議をしていただきたいということでございます。提案ということにつきましても、これは滝沢独自のものであり、大きな特徴でもあると考えております。明日、記者会見が開かれますが、この件についても報告、発表をすることとしておりました。そのことによって各団体等から、できるだけ有意義な提案をいただければ、それを次の段階として総合戦略に入れ込み、実現する、実現する上では国との交付金措置をお願いするということになります。その一環として、昨日も総務省から内示のありました交通政策の調査もございます。これらの使える補助金等を使いながら、総合戦略を進めていきたいと考えております。ぜひ皆さま方のお知恵を拝借いただきながら、議論を進めていければと思っておりましたので、どうぞよろしくお願いいたします。

>>議事の先頭に戻る

 

・(司会)事務局
 設置要綱では、部会長及び副会長を各1名置くこととしております。部会長が互選されるまで、暫時私が進行いたしますのでご了承ください。
 お手元に第1回滝沢市まち・ひと・しごと創生地域連携推進部会の次第を配布させていただいたところでございます。次第2の部会長の互選を行います。
 選任方法について、ご意見はございますか。

(事務局一任)

・司会(事務局)
 それでは、事務局一任というご意見をいただきましたので、事務局案を提案させていただきます。
 部会長には岩手大学の丸山先生にお願いしたいと考えておりますが、皆さまいかがでしょうか。

(異議なし)

・司会(事務局)
 ありがとうございます。それでは丸山部会長さんよろしくお願いいたします。

・(挨拶)部会長
 地方創生、まち・ひと・しごと創生が待ったなしということですが、同時にこれはそれぞれの地域、自治体の創意工夫、知恵と覚悟が試されているテーマだと考えております。今回の部会長の件につきましては、昨日お聞きしたばかりでためらいもありました。しかし、先程もお話のありました市の名称の設置に際しましても取りまとめをさせていただいたという経緯もありますし、他の大学も同じかとは思いますが、大学としても地域の方々と連携しながら、入口から出口までということで優秀な学生を入学させて、大学でしっかり育てて、そして地元にできるだけ定着させるという、学生の地元定着が大きな課題となっております。私は大学で教育、学生の担当を務めておりますが、そういった意味では私自身の課題でもありますし、この審議会で活発な議論がなされることに関しましては心配をしておりませんので、お引き受けすることにいたしました。皆さまのお手を借りながら進行してまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 それでは、次第3の副部会長の選任を行います。設置要綱第4条第3項により、副部会長は部会長が指名するということとなっておりますので、私の方から指名したいと思います。
 副部会長には、商工会の会長である阿部さんにお願いしたいと考えております。よろしくお願いいたします。

・(挨拶)副部会長
 商工会の阿部でございます。よろしくお願いいたします。私のほうでは経済産業省の所管になります事業の計画書を作成しております。今月同省に提示をして、採択されればと考えているところでございますが、それと絡めながらこういった問題、特に滝沢の場合は雇用面で雇用の確保が難しいということがありますので、若者の定住、商工会でも婚活事業を行っておりますが、そういったことも含め、活かしながら参加していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

・(進行)部会長
 先の総合計画審議会の中で、事務局より説明がありましたが、この件に関しまして、改めて、ご意見・ご質問等がありましたらお願いいたします。
ないようですので、本日の議題は以上となります。
それでは、第1回滝沢市まち・ひと・しごと創生地域連絡推進部会を閉会いたします。ありがとうございました。

・司会(事務局)
 田島会長、丸山部会長ありがとうございました。
 次回の会議は8月を予定しております。開催日については、追って通知いたしますのでよろしくお願いいたします。
 以上をもちまして、第8回滝沢市総合計画審議会及び第1回滝沢市まち・ひと・しごと創生地域連携推進部会を閉会いたします。


 

>>議事の先頭に戻る

 


(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市役所 企画総務部
企画政策課

電話019-656-6561
                 019-656-6562
ファックス019-684-1517
メールメールはこちらのページから

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について