岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

市制移行で変わること・変わらないこと

花いっぱい えがお広がる みんなの市 (市制標語コンクール入選 篠木小学校5年生 小川 志織さん作品)

 

チャグチャグと 幸せな音が ひびくまち (市制標語コンクール入選 滝沢東小学校6年生 木村圭祐さん作品)

【変わること】

福祉行政

福祉行政について、市と村の大きな違いは、社会福祉法によって「福祉事務所の設置」が義務付けられます。
福祉事務所が設置されると、現在県が行っている事務の一部を市が行うことになります。
それによって、住民ニーズを的確に把握し、迅速な対応ができるなど、よりきめ細やかな福祉サービスが提供できるように変わります
なお、福祉事務所は、新たに施設を整備する必要はなく、福祉担当の部署に、社会福祉主事などの福祉専門職員を配置し対応することができます。

市になることで新たに行う事務など

施設の設置・専門職員の配置など

・福祉事務所の設置
・社会福祉主事の配置
・家庭児童相談室の設置
・母子自立支援員の配置

新たに行う事務など

・生活保護の決定・実施
・障害児童福祉手当の認定・支給
・特別障害者手当の認定・支給
・児童扶養手当の認定・支給 
・妊産婦などの助産施設または母子生活支援施設への入所などの措置

住所表示

住所表示が変わります。

(1)「滝沢村」が「○○市」に変わります。
(2)「岩手郡」の表記がなくなります。
(3)「字」をなくすことができます。

選挙制度

選挙制度がこのように変わります

市と村の違い

 項 目 市  村 
 告示日 市長選挙・市議会議員選挙とも投票日の7日前までに告示  村長・村議会議員選挙とも投票日の5日前までに告示
 供託金 市長選挙:100万円
市議会議員選挙:30万円
村長選挙:50万円
村議会議員選挙:なし
 選挙運動に使用できる葉書の枚数 市長選挙:8,000枚
市議会議員選挙:2,000枚
村長選挙:2,500枚
村議会議員選挙:800枚

議会の制度

議会の制度が、このように変わります。

市と村の違い

 項目 市  村 
 議員定数
※地方自治法の改正により上限が撤廃されました。
議会で検討 議会で検討 
 工事請負契約の議決 1億5,000万円以上 5,000万円以上
 財産の取得売買の議決 2,000万円以上  700万円以上 
 議会招集の告示日 開会日の7日前  開会日の3日前 

【変わらないこと】

市に移行しても、住民の皆さんからの負担(税金、各種料金、使用料)が変わることはありません。また、首長・議員の報酬や職員の給与は市制と直結して変わることはありません。変わらないことはこのようなことです。

税金

住民税、固定資産税、国民健康保険税、軽自動車税などの税金は市制移行と直結して変わりませんので、住民の皆さんの負担の増加はありません。

その他変わらないこと

・首長の給料、議員の報酬は、市制移行と直結して変わるものではありません。「特別職報酬等審議会」で審議され、議会の議決を経て決定するものです。
・職員の給与は、変わりません。
・急遽無駄な施設・建築物が作られることはありません。
・地域と役所の連携が失われることはなく、懇談会なども継続し開催します。
・都市化や自然破壊が進み豊かな自然が失われることはありません。
・120年余村で培った伝統や文化、風景が変わるものではありません。


(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市役所 企画総務部
企画政策課

電話019-656-6561
                  019-656-6562
ファックス019-684-1517
メールメールはこちらのページから

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について