岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

政策5:みんなの力で、自然を守り、安全で住みよいまちをつくります

担当部:住民環境部

施策が実現できたときの状態について、平成23年度での到達状況

【概ね達成した】
・岩手山を中心とする大自然と田園風景など素晴しい居住環境が保持されています。このことは、住民・団体・行政などが、個別課題解決へのそれぞれの取り組み、また、共通課題解決への連携による取り組みの成果であり、村全体で地域活動が継続されているものと考えられます。
具体的には、東日本大震災を教訓として、災害に強い地域づくりのため、各自主防災会(各自治会)と各消防団の連携と情報共有を主眼として防災訓練を実施しました。
・防犯組織、スクールガード、見守り隊などの地域活動が定着し、安全面はもとより、地域の繋がりにも寄与しています。
・各自治会活動は自らの考えによって、また相互連携によって展開され、まちづくり推進委員会など地域団体の活動とも相まって地域コミュニティの推進が図られています。
・男女共同参画サポーターは増加したが、更に啓発に努める必要があります。
以上により、政策目標は概ね達成したと考えられます。

3ヵ年方針のうち、平成23年度の重点課題の達成(実現)状況

【概ね達成した】
・全自治会への自主防災組織設立は、22自治会が設置されています。更に早期設立に向けた取り組みが必要です。
・自治会、まちづくり推進委員会など個人団体の活動が活発となり、村としての支援体制、支援方法を検討が必要です。
・地域コミュニティの中心となる(仮称)交流拠点複合施設は、基本計画の策定が終了しました。
・旧清掃センターの解体は終了し、現在リサイクルセンターの建設に着手しています。
・雫石・滝沢環境組合は本格稼動しましたが、東日本大震災に係る災害ごみの処理が新たに始まりました。

施策目標の達成(実現)に向けた3ヵ年の取組みと方針についての達成(実現)状況

【概ね達成した】
・「みんなが支えあうことで地域の課題を解決していける村だと思う人の割合」は上昇しています。
・住民の様々な活動に対し、村は種々支援を行っています。今後もホームページ、村広報誌に掲載するなどその活動を内外に情報提供し続けることが重要です。
・災害対策に関しては、地域の実情に合った訓練が行われています。全自治会の自主防災組織設立までには至らず、今後の更なる取り組みが重要です。自主防災連絡会議は次年度設立することとしています。
・旧清掃センターの解体及びリサイクルセンターの建設については、ほぼ予定どおり進んでいます。

政策目標値の達成状況

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について