岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

政策4:だれもが暮らしやすいまちをつくります

担当部:都市整備部

施策が実現できたときの状態について、平成23年度での到達状況

【一部達成した】
・基本政策「だれもが暮らしやすいまちをつくります」の目標指標である「自分の住む地域に愛着を持っている人の割合」が、昨年度より1.0ポイント下がり、平成23年度目標(78.2%)に達していない状況です。
・木造住宅の耐震化については、耐震診断する住宅は増加したが、耐震改修まで至っていない状況です。また、東日本大震災の被災住宅に対する応急修理を実施しました。
・街路築造事業や村道改修事業を推進し、道路交通の円滑化を図り、また小中学校周辺等の歩道整備を促進することにより、歩行者の安全確保に努めました。
・巣子駅を中心とする循環バスの運行や鉄道とバスの乗継切符を継続実施するとともに、各駅の駐車場の適正な管理に努めながら、パークアンドライドを推進し、公共交通機関の利便の向上を図りました。
・公共下水道を整備し、農業集落排水を含む汚水処理施設の適正な維持管理に努め、また合併処理浄化槽の普及を促進し、環境衛生の向上と公共用水域の水質保全を図りました。
・新たな水源である岩手山水源の施設整備を行い、水を安定的に供給できる体制と緊急時における水源の補完機能を強化しました。また、鉛製給水管の更新や適正な水質管理、水源の監視強化等により、安全な水道水の供給に努めました。

3ヵ年方針のうち、平成23年度の重点課題の達成(実現)状況

【概ね達成した】
・除雪懇談会は定着できましたが、村道等の維持修繕か所の順位づけ等の公表は実施しませんでした。いずれ、道路維持修繕については、地域住民と合意できる道路修繕のルールづくりが必要です。
・公共下水道事業及び浄化槽設置整備事業により、汚水処理施設の整備を積極的に行い、また下水道への農業集落排水施設の接続準備や汚水処理施設の延命化対策に努めました。
・新しい地下水源関連の基幹施設整備や水道施設の耐震化工事を行うとともに、水道の新料金体系の定着化が図ることができました。

施策目標の達成(実現)に向けた3ヵ年の取組みと方針についての達成(実現)状況

【概ね達成した】
・地域の河川及び公園の管理や道なおし事業の全村へ情報提供、また村の都市計画や道路整備計画の住民へ周知については、一部地域まちづくり委員会へ説明を行いましたが、まだ十分とはいえない状況です。
・公共下水道事業、農業集落排水事業、浄化槽設置整備事業により、汚水処理施設の適切な維持管理、円滑な施設整備を促進し、衛生的な暮らしの確保と公共用水域の水質保全を図りました。
・水道事業経営計画の下に、地下水源関連施設の整備、既設管の改良・耐震化などにより、より良質の水道水の供給と災害に強い基幹施設の構築を図りました。

政策目標値の達成状況

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について