岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

施策1-1-2:既存商業の活性化

担当課:商工観光課

施策が実現できたときの状態について、平成23年度での到達状況

【概ね達成した】
  平成23年度日本経済は、大震災直後は生産活動が停滞し国内景気は急速に落ち込み、その後、サブプライムチェーンの復旧に伴い生産活動は、ほぼ震災前の水準まで回復し、公共工事や設備投資は復興需要により増加基調となるなど持ち直しの動きが見られました。
また、秋以降は、欧州債務危機による海外経済の減速や歴史的な円高の進行、タイの洪水被害などが輸出や生産活動に影響を及ぼし、景気の持ち直しに一服感が見られます。
このような経済状況下、本村の経済は、受注機会の大幅な減少や売上低下などにより、中小企業者を取り巻く経営環境は険しさを増し、廃業、倒産の増加や業績不振が続くなど、引き続き厳しい経営状態が続いています。
その中で、商工会は、中小企業が急激な経済情勢の変化を乗り切れるよう、村や地域との連携をさらに強化して、積極的に事業展開してもらいました。

3ヵ年方針のうち、平成23年度の重点課題の達成(実現)状況

【概ね達成した】
・既存企業の事業活動の継続を図るために、中小企業進行資金の融資、利子補給及び保証料補給を行うとともに滝沢村商工会の経営改善指導事業を支援しました。
・村内建設業の活性化のため、住宅リフォーム事業に取り組みました。

施策目標の達成(実現)に向けた3ヵ年の取組みと方針についての達成(実現)状況

【概ね達成した】
・既存企業の継続、拡大と起業化の促進を基本方針とし、本村は小規模事業所(常用従業員20人以下、小売・サービス業5人以下)が大半を占め、企業の経営基盤も脆弱であることから、経営改善指導、金融斡旋等に取り組み、また起業化のための制度創出を図りました。
・地域振興会の活性化を図るため、既に設置されている鵜飼、巣子、滝沢駅前、大釜地区振興会の組織強化を図るとともに、未設置地区に振興会組織の設置に努めました。

政策目標値の達成状況

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について