岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

政策5【住民協働・支援領域】みんなの力で、自然を守り、安全で住みよいまちをつくります

担当部:住民協働部

政策が実現できたときの状態 

 住民・団体・行政などが、個別課題解決に向けてそれぞれ取り組む、共通課題解決には連携によって取り組むという村全体で地域活動が進んでいる状態です。
・滝沢村は、秀峰岩手山を中心とする大自然と田園風景など素晴しい居住環境に恵まれています。これらの良好な環境をみんなの力で守りながら、その中に新しい価値観を見いだし、未来に引き継いでいく必要があります。
・村に住む人は皆、貴重な自然からたくさんの有形無形の恩恵を受けているという意識を持っています。また、住民・団体・行政は、自らの役割を理解しています。
・「自分たちの地域は自分たちで守る」という意識を基に、安全なまちづくり、住みよいまちづくりに向け、良好な環境の保全と創造への様々な取り組みが行われています。

平成23年度の重点課題

・新リサイクル施設の建設事業を進めます。
・本年度から本格稼動するゴミの一部事務組合と連携をとり、一般廃棄物処理を行います。
・東部・北部出張所の統合、北部コミセンの指定管理などにより、地域住民に支障が無いよう広報活動等を行います。
・交流拠点複合施設については、住民への周知を図り、具現化を進めます。
・災害については、情報伝達など初期の取り組みから復旧(生活復旧、復興)までの一連での対応について検討します。

政策の達成(実現)に向けた今後3ヵ年の取り組みと方針

・「地域は、地域のみんなでつくる」という総合計画の基本的な考え方が徐々に浸透し、住民自らによる地域活動も活発になってきています。また、住民・関係機関・行政それぞれの役割、範囲について様々な意見をいただくようにもなってきており、役割分担を明確にするための話し合いに取り組みます。
・平成22年度から旧焼却施設を解体に着手しており、現清掃センター、最終処分場と一体的に機能するリサイクル施設を建設します。
・一部事務組合(ごみ:環境組合、し尿:衛生処理組合)との連携により環境行政を推進します。
・全自治会への自主防災組織設立に向け、行政、関係機関、住民が緊密な連絡網と地域コミュニティで繋がれた総合防災組織の構築に取り組みます。
・交流拠点複合施設を核に、地域コミュニティの機能の強化と施設のあり方について、村としての考え方を明確にします。

政策目標値の達成状況 

達成状況グラフ

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について