岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

ホーム > たきざわ行政情報 > 市政運営 > 市長方針の展開 > 平成22年度村長施政方針演述 > 住民が豊かさを実感できる行政を目指します

住民が豊かさを実感できる行政を目指します

 次に、住民が豊かさを実感できる行政を目指しますについて申し上げます。

 住民ニーズに対応した行政体制を確立するためには、住民の皆さんが何に不安や不満を抱き、行政に何を求めているかを的確に把握し、その解決に向けて行政サービスの向上に努めていかなければなりません。そして、その状態を持続するためには、村の行政の理念や将来ビジョンを住民の皆さんとともに共有し、一緒に活動していくことが重要であります。その実現に向けて、行財政改革を推進し、庁内の体制や仕組みを構築して参ります。
 また、住民だれもが村政に係わりをもち、更には村政運営に参画できるようにするためには、行政の公平性、透明性を確保し、住民の声に耳を傾け、住民ニーズを的確に捉えること、また政策について十分に説明し、納得していただきそして共感を得ることが重要であります。
 このような考えを基本とし、住民ニーズに沿った政策を推進するために、「お気軽トーク」を継続し、また村政懇談会は昨年度に引き続き自治会を単位として実施して参ります。さらに、行政経営に関し住民との共有化を図るため、(仮称)滝沢村自治基本条例の制定に向けて取り組み、住民が行政に積極的に参画できるように努めて参ります。
 また、財源の確保と有効な活用を図るため、村財政の根幹をなす村税の適正な賦課と確保に向け、正確・公平かつ効率的な賦課徴収を進めると共に、「コンビニ収納」の導入に向けた準備を行い、収納環境の整備を図って参ります。
 人材育成と職場環境の充実につきましては、平成22年度からは後期基本計画の政策・施策を着実に実行する組織体制で臨み、そして協働を視点とした新しい公共の担い手となる職員像を目指して参ります。その中で能力の開発・育成と「学習する組織」の構築に向けた人材育成評価システムの推進に取り組んで参ります。また、職員が心身共に健康で生きがいのある仕事に取り組めるよう、支援を行って参ります。

 以上、6つの基本政策について申し述べましたが、これらを有機的に関連させ、横断的に強化するため、3つの重点政策に取り組んで参ります。

 

 まず、滝沢らしさを創りだす活動を進めますについて申し上げます。

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について