岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

政策9:環境を考え、健康を実感できる食育を推進します

担当部:経済産業部

施策が実現できたときの状態について、平成22年度での到達状況

【概ね達成した】
・自分が育った環境とそこで育つ農作物に親しむこと、豊かな自然の恵みを人間がいただくことへの感謝の気持ちが醸成されている状態
・食べ物を通して、自然環境がそのまま自分の体に取り込まれることを認識しながら自然環境の保全が推進される状態
・村民みんなが規則正しい食生活を理解し、心身ともに健全な状態
・生産者と消費者が「食」の安全を理解し合い、同じ視点で地産池消が推進されている状態
・いろんな立場の村民がつながり合い、次世代につながる絆が強まっている状態
(平成22年度の到達状況)
・平成22年度第2次食育推進計画を策定しました。
・さまざまな分野で食育に関する活動がされ、目標値もおおむね達成されています。
・それぞれの活動を把握し連携の取れた活動とするようなところまでは至っていません。

3ヵ年方針のうち、平成22年度の重点課題の達成(実現)状況

【一部達成した】
・生産から消費までの過程を理解した上で、資源の有効活用を進める取り組みを行います。
・地産地消の関心を高めるとともに食の安全性を理解し選択できる力を養うための施策を講じます。
・食を通して、地域や文化のつながりを認識し、食を楽しめるような事業を実施します。
・健康に良い食や食品の知識を普及宣伝します。
・食に起因する健康問題に注目し、家庭から食を通じ健康に関する知識を普及します。
(達成状況)
・22年度は推進計画を策定し、村のさまざまな取り組みに対する方向付けを行いました。

施策目標の達成(実現)に向けた3ヵ年の取組みと方針についての達成(実現)状況

【一部達成した】
・人的な影響により自然が破壊されることがないよう、自然環境保全の必要性を村民が理解するための活動が必要です。
・地元農産物がどのように生産、流通、加工、消費されているのか、生産者と消費者が共通認識をもち、継続的な生産と消費、地産地消の取り組みを推進します。
・「食」への関心を高め、正しい知識を持つためにも、すべての世代で自分に必要な食事や栄養について理解を深め、規則正しい食生活が実践できるよう支援します。
・食の安全性確保が改めて注目されている中で、消費者自らが新鮮で安全な食品を選択できるよう、生産者と消費者との交流の機会を増やしていきます。
・多彩な食品から構成される日本型食生活の優れた点を再評価するとともに、昔から受け継がれている食や生活の知恵を体得するための活動を推進します。

政策目標値の達成状況

達成状況グラフ

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について