岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

政策1:産業が元気で活気あふれるまちをつくります

担当部:経済産業部

施策が実現できたときの状態について、平成22年度での到達状況

【一部達成した】
(めざす状態)
・地域産業の活性化により、地域に多くの人が住み仕事をすることで、地域がうるおい、更なる豊かさに繋がる経済的好循環が確立され持続的な経済活動が行われている状態を目指します。
・企業誘致による外発的な経済活動だけではなく、地域内での資源を生かし、村内で生産、加工されたものが村内で消費される内的循環が確立され、さらには他にはない独自性やブランド化など新たな付加価値を伴ったものが村外に供給されるという外的循環への連鎖が図られている状態を目指します。
(平成22年度の到達状況)
・厳しい経済状況の下で産業の活性化に明るい兆しが見えたものの、東日本大震災により見通しが立たず、仕事に満足している人の割合もなかなか上がらない状況となっています。
・プロジェクトチームを編成し、戦略的に取り組んでいるものの明確な成果を上げるには至っていない状況です。
・西リサーチパーク、IPUイノベーションセンター、パーク整備など本村の特異性を高め企業誘致に生かそうと試みており、徐々に成果が上がってきています。

3ヵ年方針のうち、平成22年度の重点課題の達成(実現)状況

【概ね達成した】
【単年度重点課題】農商工連携による高付加価値化を一層推進します。
6次産業化については、花きブランドが商業ベースにのったほかスイカ、クイックスイートについて新たな商品を開発しています。
【単年度重点課題】ブランド化の推進により滝沢村の物産、自然、文化等のあらゆる資源を全国に発信します。
ブランド化の推進については、特産品の6次産業化に着手した段階となっています。
【単年度重点課題】産学官連携による新展開により産業振興と雇用拡大を推進します。
西リサーチパークについては、分譲率が62.2%にとどまっていることから、さらに分譲を進める必要があります。
IPUイノベーションセンターについては、満室となるよう継続的な営業を行っていますが、満室となるに至っていません。

施策目標の達成(実現)に向けた3ヵ年の取組みと方針についての達成(実現)状況

【概ね達成した】
・環境の変化に即応して適宜事業の見直しを行い、住民の自立的な経済活動の支援を強化します。
・農業については、戸別所得補償制度に対応しつつ担い手の育成や集落営農の推進を図るとともに、地域の実情に合わせた営農を支援していきます。
・地産地消の推進と安全・安心に対する消費者ニーズに対応した農作物の普及を図ります。
・畜産については、通年預託施設の建設を進め、相の沢牧野の効率的な運営に努めます。
・林業については、民有林、村有林の適正な維持に努めます。
・商工業については、西リサーチパークを中心として企業誘導を促進するとともに、地域内の製造業の事業拡大や産学官連携のもと貸事務所等の設置やベンチャー支援を充実します。
・観光については、本村の特徴を生かした観光の推進を図ります。
(達成状況)
・個別に取り組みはしているものの全体的な活動とはなっていないことが多く、戦略を明確にする必要があります。

政策目標値の達成状況

達成状況グラフ

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について