岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

政策7 滝沢らしさを創りだす活動を進めます 

担当部:経済産業部

政策が実現できたときの状態 

・滝沢村は昭和40年代後半から急激に人口が増加したため、人口急増への対策を含めて国民生活の最低限度の基準(ナショナルミニマム)を満足すること優先してきましたが、地方分権、地域主権が叫ばれるようになってからは新しい自治の形を模索するような政策や施策を推進してきています。
一方、地域デザインやまちづくり委員会の活動など地域の活動も年々活発化してきており、地域の独自性を生かしたまちづくり活動が定着化しつつあります。いま、政権交代によって地域主権がさらに推進されようとする中、滝沢村は持続可能なキラリと光る自立した自治体として存在していくために、滝沢村としてのアイデンティティーを確立し、滝沢村を発信することが必要不可欠です。
・滝沢らしさを創りだす活動としては、「滝沢ブランドの創出」、「絆で繋がる地域コミュニティの構築」、「信頼される行政活動の推進」という3つの切り口から展開します。
・この政策が実現されますと、滝沢村の知名度が向上し、地域ブランドとして全国に発信されることから外的循環への連鎖が図られ、滝沢村の地域経済が活性化します。
・また、地域の良好なコミュニティが確立され、信頼される行政との協力関係が一層充実するため、持続可能な自治体として住民が誇りに思えるような状態が達成されます。

平成22年度の重点課題

・3つの切り口から推進するための推進体制を確立する必要があります。
・(仮称)滝沢ブランド推進計画、(仮称)地域コミュニティ推進計画、(仮称)行政最適化計画等を構築し、5年間の実行計画を策定します。

政策の達成(実現)に向けた今後3ヵ年の取り組みと方針

・滝沢らしさを創り出す活動として「滝沢ブランドの創出」「絆で繋がる地域コミュニティの構築」「信頼される行政活動の推進」という3つの切り口から進めることとなりますが、これらに共通するものは推進の担い手となる「人材」です。まず初年度は、キーパーソンとなる住民、企業、団体等のみなさんとのネットワークづくりを最優先に進めます。
・その上で、「滝沢らしさ」とは何か、3つの切り口からどのような状態をめざすのかをいろいろなケースに細分化してビジョン化し、それを実現するための具体的な行動方針を確立して実施に移します。

政策目標値の達成状況 

政策7目標値達成状況

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について