岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

施策3-6-1 高齢者が自分らしく暮らすための支援 

担当課 高齢者支援課

施策が実現できたときの状態

 ・運動器機能向上や認知機能向上教室などの介護予防事業に参加し、要支援・要介護状態への移行を予防する事により最後まで、住み慣れた地域で自立した生活を送る事ができます。
・各地域において、介護予防普及啓発事業(いきいきクラブ)、地域住民グループ支援事業(いきいきサロン)を実施し、高齢者や地域の方々が集まり交流する機会を持つことにより、閉じこもりや心身の機能低下を予防するとともに、地域で高齢者を支えるという意識の醸成が図られます。
・高齢者のみの世帯や高齢者単身世帯、認知症、高齢者虐待など、多様化、複雑化する相談に適切、迅速に対応し、関係者とともに課題解決を支援することで、高齢者が自分らしい生活を送る事ができます。また、家族の介護負担を軽減することができます。
・地域において潜在化している支援が必要な高齢者の実態を早期に把握し、対応することにより、高齢者が住みなれた地域において自分らしい生活を送る事ができます。

平成22年度の重点課題

・特定高齢者(要支援・要介護状態に移行する可能性の高い方)に対し、個々の状態に応じた介護予防事業の各種教室への参加を勧め、重度化(要支援・要介護状態)を予防し、自立した生活と自己実現の支援を行います。
・高齢者の閉じこもり予防と交流の場である、いきいきサロンの開設箇所の増加を目指し、自治会等関係機関と協議していきます。また、「いきいきクラブ」「いきいきサロン」のあり方について検討します。

施策の達成(実現)に向けた今後3ヵ年の取り組みと方針

・要支援認定者及び特定高齢者(要支援・要介護状態に移行する可能性の高い方)に対する、介護予防サービスの利用や介護予防事業への参加を積極的に働きかけ、重度化の予防に努めます。
・今後増加し、課題とされる「認知症」に対しては、認知症サポーター養成講座を実施し、認知症を理解し、本人や家族を支える支援者(ボランティア)を増やしていきます。また、その他にも介護予防事業に携わるボランティアの育成・養成に努めます。
・地域において、支援が必要な高齢者を早期に発見し対応できるよう、民生委員児童委員やブランチ(相談窓口)等の協力により実態把握に努めます。
・地域で高齢者を支えるという意識の醸成を図るため、自治会等との協働により地域住民グループ支援事業(いきいきサロン)の拡大に努めます。

施策目標値の達成状況 

3-6-1目標

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について