岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

施策6-2-2 景観の形成

担当課:地域政策課

施策が実現できたときの状態について、平成21年度での到達状況

【一部達成した】
・景観づくりは、将来に向けた滝沢村の文化や自然を残すまちづくりの活動の成果であり、住民の方々の暮らしの泉源とも考えられます。
・滝沢村における景観形成の究極的な目的は、岩手山の眺望を基本とした景観の優れた地域の保存・形成にあります。
・そのためには、住民の方々の理解と活動が重要で、長期的視野での地道なまちづくり、例えば、ごみ拾いに始まり、沿道や空き地の草刈り、建物回りの整理などの活動が重要です。⇒各自治会等、地域で積極的に活動されており定着しています。
・その過程として、地域において自分たちで景観のルールをつくるという意識が高まっていくことであると考えています。⇒住民独自の活動として「げんまん柳沢」(岩手山麓柳沢地域景観形成住民協定)がH18.12に締結され活動が継続されています。
・本施策では、その第一段階として、村内各地域で進められているまちづくりの中で住民の方々が、景観づくりが重要であるという意識の醸成が図られる状態を目指すものです。

3ヵ年方針のうち、平成21年度の重点課題の達成(実現)状況

【一部達成した】
・「まちづくり出前講座」において中学生に対し景観形成の勉強会を実施しました。
・地域により、また、個々人によっても、景観の関心の度合い、景観の対象等が違うものと考えられ、景観の情報提供・発信をしながら各地域のまちづくり委員会に意見を聴き、開催内容・方法等を決め、勉強会、研修会を開催する考えでしたが実施できませんでした。

施策目標の達成(実現)に向けた3ヵ年の取組みと方針についての達成(実現)状況

【一部達成した】
・村内の地域ビジョンを見ると、10地域中8地域が何らかの形で景観についての取り組みが上げられています。柳沢地域が平成18年12月に住民協定締結に至りましたが、8地域の中でも特に景観への関心の高い住民やリーダーが存在していたことが、その要因と考えられます。その他の地域は、関心はあるが、行動へとは結びついていない状況です。また、柳沢地域でのアンケートにおいて、景観への関心はあるが「自分が行動する」、「自分の土地に規制がかかる」こと等に対する拒否的な意見も多くありました。景観住民協定に結びついた柳沢地域でもそのような状況ですで、他の地域においては、関心から行動へは多くの時間を要すると考えられ、進捗状況としては、モデル地区ができたことは喜ばしいことですが、今後の課題としては住民意思の摺り合せ等大きな課題が存在すると考えられます。

施策目標値の達成状況 

達成状況

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について