岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

施策4-1-1 すこやかに成人期を迎えるための環境づくり

担当課:健康推進課


施策が実現できたときの状態について、平成21年度での到達状況

【概ね達成した】
・村内小中学校11校においてすこやかな成人期を迎えるための思春期保健事業が実施されました。未実施の学校においても学校保健会等による講演会等が開催されていることから、全ての学校で思春期における健康教育が実施されています。
・赤ちゃんふれあい体験学習を通じて「命の大切さ」を理解し、自分や友人など周りの人達を大切にできるようになるために全ての中学校に開催を働きかけ、村の乳幼児健診会場で母子の協力を得て、今年度は1校が実施しました。この体験学習は、少子化、核家族化などにより習得が難しくなってきている母性や父性を育む事ができ、将来的には、健全な家庭を築くことにも繋がっていきます。

3ヵ年方針のうち、平成21年度の重点課題の達成(実現)状況

【一部達成した】
・赤ちゃんふれあい体験学習を多くの学校で取り組んでもらえるよう働きかけましたが、昨年度と同じく1校で取り組んで頂きました。
・出前講座を中学校で1回開催し、乳幼児の発育や発達、妊婦体験等を行い生命の大切さを学ぶことができました。
・赤ちゃんふれあい体験学習については、当課の乳幼児健診以外に村内保育園・幼稚園での受入についての情報提供はできませんでしたが、独自に体験学習を実施している学校もあります。

施策目標の達成(実現)に向けた3ヵ年の取組みと方針についての達成(実現)状況

【概ね達成した】
・思春期保健講演会は、学校保健会の協力のもと、小中学校で12回開催、1,015人が参加し、豊かな人間性と社会性を持った性意識、性行動を身に付ける機会になりました。しかし、新型インフルエンザの流行により開催できなかった学校もありました。
・赤ちゃんふれあい体験学習は、中学校1校、22人の生徒が体験し、母性や父性を育むことができました。
・出前講座による「みんなで子育て」学習は、中学校1校、37人の生徒が体験し、母性や父性を育むことができました。

施策目標値の達成状況 

達成状況

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について