岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

施策6-3-5 地域情報化の推進

担当課:地域政策課

 

施策が実現できたときの状態 

【地上波デジタル】
・2011年7月にテレビ放送がデジタル放送となる時点で、全村でデジタル放送が受診可能となる状態です。

【デジタルデバイド】
・現在、ブロードバンド(超高速(光))に対応していない姥屋敷、小岩井、一本木、柳沢地区約2700世帯のデジタルデバイドを解消し、全村が等しくブロードバンド(超高速(光))に対応している状態です。

平成21年度の重点課題

【地上波デジタル】【村長重点課題】
新山親局及び新設谷地山中継局、今後予定の浅岸、川目(盛岡)、七ッ森(雫石)中継塔の改修後に全村電波受信状況の確認、及び、広報・村HP・回覧等によるTV地上波デジタル化の住民への周知を行います(2009~2011随時)。

・国(総務省)の難視聴対策補助制度の動向を注視しながら、村難視聴地域補助金交付要綱の改正準備を行います。

【デジタルデバイド】【村長重点課題】
20年度から繰り越した総務省デジタルデバイド解消対策交付金事業による全村光化事業の早期完成に努めます。全村光網整備自体が情報ツールの確保であり情報発信の根幹です。

施策の達成(実現)に向けた今後3ヵ年の取り組みと方針

【地上波デジタル】
・新山(紫波)親局及び新設された谷地山中継局、今後予定の浅岸、川目(盛岡)、七ッ森(雫石)中継塔の改修後に電波受信状況を確認し、難視聴共同受診施設10箇所の共聴組合に対して、的確な情報提供を行い、可能な限り国の補助事業等を適用させて、最も費用対効果のある受信手法に誘導します。

・大規模建築物等影響難視聴や新たに発生する地理的難視聴にも同様に対処します。

【デジタルデバイド】
・総務省デジタルデバイド解消対策関係交付金や補助事業を活用し、村内に残る未ブロードバント地域(ISDNのみ)のデジタルデバイドを解消する考えです。

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について