岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

産業が元気なまちづくり

  まず、産業が元気なまちをつくることについて申し上げます。

  私は、地域経済の活性化が地域にもたらす効果は、住民生活すべてに亘り、かつ大きな役割を果たすものと考えております。

  このような考え方を基本とし、産業の振興と雇用の確保のために、岩手県立大学内に(仮称)滝沢村IPUイノベーションセンターの建設を進め、組込ソフト・ITシステム産業の集積に努めて参ります。同時に、既存地場企業の事業拡張等の技術的課題に対する側面的支援と盛岡西リサーチパークへの企業誘致により、ものづくり産業分野との連携、誘導に努めて参ります。更に国土利用計画に則った産業系の村土利用に向け諸般の準備を計画的に進めて参ります。

  一方、雇用促進の観点から、滝沢村地域職業相談室の機能強化を図り、住民の求職活動や労働相談を推進するとともに、社団法人滝沢村シルバー人材センターの活動を支援し、高齢者の就業機会の確保に努めて参ります。

  商工業の振興につきましては、滝沢村商工会等と連携し、村内企業の経営改善、金融の円滑化を図り、事業活動の継続、拡大を支援するとともに、商店街の活性化のための調査を実施して参ります。また、村内の生産物や加工技術を活かした地域産品の開発、奨励を推進して参ります。

  観光振興につきましては、チャグチャグ馬コや岩手山麓の自然などの観光資源の保全と活用に努め、近隣市町との協調の下に県内外にピーアールし、観光客の誘客を図って参ります。さらに、滝沢村観光協会等の観光関連団体と連携し、(仮称)たきざわ自然情報センターの設置等を行い、観光客の受入態勢を整備して参ります。

  また、農業が元気なまちづくりを進めるため、国の施策が「品目横断的経営安定対策」から「水田経営所得安定対策」と名称が見直しされ、制度の内容も一部変更されますので、制度に該当する農家の育成・確保に努めて参ります。地産地消の推進につきましては、生産者と消費者の結びつきを深めるため、役場前の駐車場を開放した「朝市」の開催を継続するなど様々な活動を行って参ります。また、食育推進の観点から、特に学校給食については関係団体との情報共有と連携強化を図り、地場産品の利用拡大に努めて参ります。農家所得の向上が期待される「産直施設」につきましては、6月上旬に元村の牧野林地区に「産直チャグチャグ」がオープンしますので、引き続き運営等について支援して参ります。野菜につきましては、小面積でも作付けが可能なパイプハウスを利用したニラ等の軽量野菜の推進を図るとともに、花卉につきましても、村内で作付けが増加してきている小菊やストック等の推進に努めて参ります。

  畜産につきましては、飼料や原油の高騰等環境が激変していることから、これらの影響を緩和するための緊急避難的措置を講ずるとともに、これまでとは異なった環境の中でも持続できるような経営体質への転換が必要となってきていることから、これらのことを勘案した施策の推進に努め、更に、将来を見据えた施設であります「通年預託施設」の設置についても調査・検討して参ります。

  次に、自然と共生するまちづくりについて申し上げます。


(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市役所 企画総務部
企画政策課

電話019-656-6561
                 019-656-6562
ファックス019-684-1517
メールメールはこちらのページから

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について