岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

施策3-3-2 すこやかな生活の支援

担当課:高齢者支援課


施策が実現できたときの状態について、平成19年度での到達状況

【概ね達成した】
・基本健康診査等において、把握された特定高齢者(要支援・要介護状態になる可能性の高い高齢者)を対象に、介護予防支援計画(介護予防ケアプラン)を作成し、それに基づき、運動器機能向上教室、栄養改善・口腔機能向上教室、認知症予防教室への参加、また、うつ・閉じこもり予防等、適切な支援を行う事により、要支援・要介護認定への移行(重症化)を予防することができました。

平成19年度特定高齢者把握数:347人
事業参加者:実人員44人、延べ337人

・滝沢相の沢温泉(お山の湯)は、年間8万人以上の村内外からの利用者があり、利用者の健康と福祉に寄与しております。特にも、週2回、福祉バスをお山の湯まで運行する事により、介護予防等本村の「高齢者福祉」に大いに寄与しております。
平成19年度村内利用者の内の高齢者(65歳以上)の割合
61%(30,946人)

*施策目標No.1「高齢者で生きがいを持っている人の割合」については、平成18、19年度に調査しなかった事から評価しませんでした。

3ヵ年方針のうち、平成19年度の重点課題の達成(実現)状況

【概ね達成した】
・平成18・19年度の睦大学シルバーボランティア養成講座を修了した方々は、「いきいきサポーター」として、各地域でのいきいきクラブ、サロンにおいて活躍しています。(活動人数32人)
・一般高齢者(元気な方)を対象に実施している、はつらつ元気館での体力づくり講習会を修了し、引き続き運動を継続している方々は、「はつらつサポーター」として、元気館で実施される事業において活躍しています。

施策目標の達成(実現)に向けた3ヵ年の取組みと方針についての達成(実現)状況

【概ね達成した】
・一般高齢者及び特定高齢者を対象に、様々な介護予防事業を実施する事により、一般高齢者については、特定高齢者への移行、特定高齢者については、要支援・要介護状態(重要化)への移行を予防し、高齢者が地域で自立した生活を送る事ができるよう支援する事ができました。
・単位老人クラブや自治会との連携により、各地域において閉じこもり予防等を目的に、いきいきクラブやいきいきサロンを開催することにより、地域全体が介護予防に関心を持つ事ができました。
・お山の湯は、近隣の温泉施設の利用者が減少する中、昨年度並みの利用者を獲得し、村民の健康と福祉に寄与しました。

施策目標値の達成状況 

グラフ

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について