岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

施策3-3-1 安心できる暮らしの支援

担当課:高齢者支援課


施策が実現できたときの状態について、平成19年度での到達状況

【概ね達成した】
・身体的機能低下及び認知症等により介護支援が必要となった住民を対象に、適切な要介護・要支援認定事務を実施しました。その結果に基づき、対象者の選択を基本としたケアプランを作成、保険給付を実施する事により、住み慣れた地域において(在宅又は施設)、自分らしい生活を営む事ができるよう支援しました。
特にも、要支援者に対しては、直営の事業所としての滝沢村地域包括支援センターにおいて、介護予防ケアプランを作成、保険給付を行い、要介護状態への移行を予防し、自立した生活を営めるよう支援しました。
・平成18年度に民生委員の協力により実施しました「高齢者実態調査」を基に、対象者の状況把握及び必要な支援を行うとともに、日々、家族や民生委員、地域住民等から寄せられる情報や相談を受け、訪問等を通し必要な対応を行いました。
・独居高齢者及び高齢者のみの2人世帯に対しては、緊急通報装置を設置し、対象者の安全を確保しました。
・在宅において介護をしている家族に対しては、経済的負担を軽減するため、介護用品(おむつ)を支給(要介護4、5対象)するとともに、家族介護者教室を開催し、介護者の精神的負担の軽減に努めました。

*施策目標No.1「高齢者で生きがいを持っている人の割合」については、平成18、19年度に調査しなかった事から評価しませんでした。

3ヵ年方針のうち、平成19年度の重点課題の達成(実現)状況

【概ね達成した】
・介護保険認定申請者に対しては、介護認定を実施し、結果に基づきケアマネジメント業務を実施し、適切な介護給付、予防給付を実施しました。
・「地域ケア会議」を毎月1回開催し、介護保険事業従事者の資質の向上と連携の強化を図りました。
・家族介護教室を8回実施し、在宅介護者の精神的負担の軽減に努めました。
・要支援者を把握するための65歳以上の独居高齢者の実態把握については、前年度に実施している事等を勘案し、19年度は実施しませんでした。

施策目標の達成(実現)に向けた3ヵ年の取組みと方針についての達成(実現)状況

【達成した】
・身体の機能低下及び認知症等があり、介護保険による保険給付が適切であると認められた方に対しては、介護認定、サービスの利用のすすめ等相談支援を実施しました。
・在宅介護をしている家族を対象に、家族介護者教室を開催し介護方法の研修とともに、様々な悩みや相談を受け、ゆとりを持って介護ができるよう支援しました。
・指定居宅介護支援事業所及び指定介護予防支援事業所のケアマネージャー等を対象に毎月1回「地域ケア会議」を開始し、研修及び情報提供、情報交換等を実施する事により、関係者の資質の向上と連携の強化を図ることができました。
・環境及び経済的理由により在宅が困難な対象者については、適切な保護措置を行いました。

施策目標値の達成状況 

グラフ

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について